ともしびを探しに出掛けた。
 冬の夜は暗くなるのが早い。
 オレ、チナはともしびを探しに朝から外に出た。



 ろうそくをもらった。
 都会にいる友達から、ともしびの代わりになるろうそくを十本くらいもらったのだ。
 早速オレは小屋に帰り、ともしびを灯す場所を探しはじめる。
 小さな山小屋だし、とても狭い。
 大体、たたみ六畳で端にベットと小型机がひとつずつ置いてあるだけだ。
 けれど、仕事をするにはよい環境だ。なにせ邪魔する物が周りにないし。
 だが。
 オレは正直言って、こういう物をどこに置けばいいのかさっぱりだ。
 頭が悪いとかそういう問題でなく、灯す位置によっては気分的にも効果的にも、だいぶ変わってくるはずなのだから。
「チナ、こんばんは〜。」
 都合の良過ぎるお客さんが、ノックをせずに挨拶しながら玄関の戸を開けた。
「なあ? これ買ってきたのはいいんだけど、どこに置けばいいんだ?」
「貸して。」
 オレはろうそくを、お客さんユカに手渡す。
 元はといえば、ユカにともしびを設置したらと言われたのだ。確かに夜は暗くて、日が暮れないうちに仕事が終わらなかった時は苦労した。終わらなかったら、日が昇る前の明るくなってきた時に起きて、昼までに終わらせないといけないので、気分が乗らずに長引いてしまった時には苦労する。
 仕事というのは、考察レポートだ。
 資料を元に書かないとならなくて、昼までに考察レポートを渡すとまた新しい資料が配られる。一度でも違反すれば減給は間違いないから、そういう訳にもいかないし。
「ろうそくの台は買ってこなかったの?」
「いや、付属品にもらったよ。」
 言われてオレは、要求された物を手渡した。
 ユカは、壁の方に動かしてきた椅子に乗り、天井近くのところに台を取りつける。といっても、なんか壁に食い入るように突き刺しているような気もするけど。ユカに手で合図されて、オレはろうそくを一本手渡した。
 ろうそくを台に刺し込み、ユカは火を灯す。
 そういや。オレは机を使って仕事をしているのに、なんでそんな高いところに取りつけたんだ? よく考えれば、机の上に置いた方がよかったような。うーん。
 ……そんな些細な疑問を前に、考えていても埒が明かない。オレはすぐにユカ本人に聞いてみた。
「えっと、それはね……。あんたの事を思って、よ。」
「……意味が分かんないよ。」
「だから〜。例えの話で、ともしびのたとえ、というお話があるの。暗い所を明るくするのなら、見栄えのいい所に普通は置くでしょ。これはそれと同じなの。いくら机の前に座って仕事しているからって、机の上にともしびを置いたって全部見渡せないでしょ、机は端っこに置いてあるんだし。だから、暗い部分がないように見渡せる位置に灯すの。分かる?」
「……それは……、分かったけど……。」
 ともしびの位置については分かったけど、まだ引っかかる事がある。
「それと、例え話はどういう関係があるのさ?」
「だから言ったでしょ、あんたの事を思ってって。ひとつの部分に捕らわれちゃだめ、何事も先の事を考えるのよ。このともしびは、火を灯す事によってこの部屋の全てを見渡せるようになるように、あんたもひとつの事だけを考えないようにね。チナ、仕事をしてお金を貯めて叶えたい夢があるんでしょ?」
 ユカは言いながら、だんだん恥ずかしくなってきたのか、気づかせまいと努力している様子と、顔が真っ赤だったのが見て取れた。
 オレはそんなユカを見て、静かに微笑んだ。


 ひとつの部分に縛られている。
 言われてみれば、図星だった。
 最近、仕事でかなり忙しかったためで、友達とは全然連絡を取っていなかった。
 これでは今まで考察レポートを書いていた意味がなかったなと思いはじめる。自分の事ばっかり考えていても、オレの目指す叶えたい夢には到底辿り着けないと思った。
 なんていったって。

 目指しているのは、人の心を動かす作家だからな。








[ back ]

20040205
様々な意味での原点